電磁振動式篩分器 MS-200
本器は、強力電磁石と特殊板状スプリングに金属振動板の組み合わせにより、騒音のない静かな篩い分け試験ができます。
篩には強いショック状の上下振動を与えるので、網目への目詰まりも少なく、振動はHzによる調節で常に一定した振動数を保ち、振幅の強弱は電圧調整により自由な調節ができます。通常はタイマーにより運転時間を設定しタイムアップまで連続運転を行いますが、試料により篩網との共振の発生を防ぐために瞬間停止をさせ0.5秒後に再び振動をさせるインターバル機構が組み込まれています。篩は直径200mmを標準に使用するように設計されておりますが、アダプターにより他のサイズの物も使用できます。
その他湿式の篩い分け用に、スプレーノズルの付いた蓋と排水口の付いた受け皿も用意されています。
電電 100V 50/60Hz(指定)
本体寸法 W30 × D35 × H35cm(篩別)
本体重量 約23kg
 各種フルイ
●全プラスチック製フルイ ニューペルロンシーブ(φ200,φ100 )

ニューペルロンシーブは篩い分け条件によりステンレスなど金属製篩が使用出来ない場合にご利用頂いております。網はナイロン製で、枠の材質はポリプロピレン樹脂を加工使用しておりますので、試料に金属粉などの不純物が混入することはありません。

外 径:215mm
内 径:204mm×深さ45mm(網面まで)
網 目:2000μm〜5μm(ナイロン網)

受 皿/蓋:ポリプロピレン

外 径:113mm
内 径:103mm×深さ40mm(網面まで)
網 目:1000μm〜5μm
網:テフロン、ポリエチレンも可能
  (但し、目開については相談)

●MSS-75用フルイ

アクリル枠&ステンレス網 20μm〜5.6mm(標準フルイ)

高 さ:約16mm(5/8インチ)
外 径:約90mm(3-1/2インチ)
内 径:約76mm(3インチ)


Electroformed Nickel Mesh

高 さ:約32mm(1-1/4インチ)
外 径:約90mm(3-1/2インチ)
内 径:約76mm(3インチ)

 音波式篩分器  MSS-75
MSS-75型ソニックセパレーターは特に知識や熟練を必要とせず、どなたにでも扱って頂ける篩い分け装置です。機器上部に内蔵されたスピーカーから発生した音波が、フルイ上部のダイアフラムと下部のファインズコレクターを振るわせ、重なったフルイ内部に音波振動による空気の上下動を作ることで速やかでより正確な篩い分けを行います。特に設計した直径3インチ(約75mm)の透明なアクリルフレームのシーブを使用することにより、オペレーターは試験の際の適切な空気振動レベルを目視にて決定することが出来、篩い分け状況の確認に役立ちます。
5から5660μmの範囲の粒子の分離が可能です。

電 源 : AC100V, 100W
寸 法 : 約W26×D31×H60cm
重 量 : 約18kg


●音波調整ノブ
音波による篩分けで特に細かい目開きを使用する際、スイッチを入れた瞬間に音波が設定した最大強度まで上がると、微粉が篩の内部で舞い上がり細かい部分の篩分けが正確に出来なくなる恐れがあります。MSS-75には、音波の強度を徐々に上げ下げする為のノブが付いており、このノブによって音波の最小振動で篩分けを開始し、最初に微粉域の篩分けが行えます。更に、徐々に音波強度を増幅する事により最大粒子までを篩分けます。この操作で微粉域を含めた、より正確な篩分けが出来ます。タイマーで篩分けの時間を設定し、音波を立ち上げた秒数と同じ秒数で音波強度を下げます。
 電磁振動式 粉砕/篩分機 VP-100
本機は、強力な電磁石を用い、3枚の特殊板状スプリングに支えられた振動板に、毎分3000回/50Hzまたは3600回/60Hzの上下振動を与えます。この振動板に固定された直径120mmの深型容器内に自在に飛び跳ねる直径50mm(メノー製のみ70mmも有り)のボールと試料を入れ振動を与え、ボールの上下運動により叩き潰す形で粉砕均一混合します。投入する試料は、3〜5mm以下、容量は10ml以下が適当です。
本機用の粉砕容器・ボールには5種類の異なった材質(別表参照)があり、試料により最適な材質をお選び頂けます。尚、粉砕効率を高めるには、比重の高いボールを使用するほど短時間に微粉砕ができます。試料にもよりますが、通常粉砕時間は10〜20分で10〜5μm以下になります。運転はタイマーで時間設定し、抵抗器により振幅調整します。容器は蓋で密閉出来るので、試料が外部に飛散することはありません。
更に本器は、粉砕容器と容器台座をはずし、一般試験フルイと篩い分け用台座に交換設置することで電磁振動式篩分器としてもご使用頂けます。
電電 AC100V 50/60Hz
電気容量 最大3A
振 動 数 50Hz/3000回 60Hz/3600回
振  幅 0〜3mm
タイマー 0〜60分
本体寸法 約W30×D35×H35cm
重  量 約30kg

材  質 ボール直径
メノー 50または70mm
部分安定化ジルコニア 50mm
タングステンカーバイド 50mm
クロームスチール鋼 50mm
ステンレス鋼 50mm
 総樹脂製(透明塩化ビニール枠+ナイロン網)大型手ブルイ
弊社では金属を嫌うサンプルのふるい分けのために、φ103×H40mmとφ204×H45mmの総樹脂製ニューベルロンシーブをご用意しておりますが、更に受注製作にて透明塩化ビニール枠とスイス製66ナイロン網を使用したφ100〜最大φ500mmの手ブルイを発売しました。特に網面積の広い大型枠には網の下部に塩ビの梁を十字に渡し補強することが出来ます。ご注文の際には枠の内径、網上の深さ、フルイの目開きをご指定下さい。
材 質 塩化ビニール(枠)、ナイロン66(網)
サイズ φ100〜500mm

※このフルイは重ねることが出来ません。
 揺動式ふるい振とう機 SS-S-230
土壌、骨材等の実験用として比較的少ない試料をバッチ式/乾式にてふるい分けをする装置です。使用できるふるいは JIS規格の直径φ200mm、深さ45mm又は60mmです。
電電 AC100V 60W、50または60Hz
ふるい JIS 試験ふるいφ200mm
深さ45または60mm
ふるい段数 深さ45mm ふるいご使用の場合、
ふるい8個+受皿
深さ60mm ふるいご使用の場合、
ふるい6個+受皿
タイマー 60分 ゼンマイタイマー
振動数 振動数調節ツマミにより可変です。
外寸法 約W25 × D25 × H90cm
重量 10kg
コード長 1.8m 2極
 ロータップふるい振とう機 S型
本機は、50年以上前から使われている実績と信頼のある実験用乾式振とう機です。
電源周波数50Hz、60Hzどちらの地域でもご使用になれますが、電源の周波数により回転数と打数が変わります。
別売りのブラシクリーナーを各ふるいに3個程度入れて試料と一緒にふるい分けを行いますと、網の上をブラシクリーナーが動き回り、凝集や目詰まりを起こしやすい試料のトラブルを防ぐ効果があります。
電 源 AC100V 250W、50または60Hz
使用ふるい JIS 試験ふるいφ200mm
深さ45または60mm
ふるい段数 深さ45mmふるい使用
8段+受皿
深さ60mmふるい使用
6段+受皿
タイマー 30分ゼンマイタイマー
(連続運転接点付き)
回転数 50Hz 247rpm・60Hz 296rpm
タッピング数 50Hz 123tpm・60Hz 147tpm
外寸法 W870×D440×H860mm
(突起物を除く)
重 量 180kg
 ブラシクリーナー
ふるい分け時に目詰まりした場合、ふるい効率を上げるために網をブラッシングして目詰まりした粉体を払い落すクリーナーです。
ブラシのボディーはウレタンゴム、毛の部分はナイロン製です。
使用方法は、φ200mmのふるいには1段あたり3個を入れてサンプルと一緒に篩分けを行います。